「伊藤 蘭」

(いとう らん / 1955年1月13日 - )

伊藤蘭
書籍・作品一覧

<伊藤蘭のプロフィール>
「伊藤蘭」は、東京都出身の女優歌手。1970年代に活躍した女性アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバー。名前は蘭の花が好きだった祖父が命名。1972年にNHKの歌番組「歌謡グランドショー」のマスコットガールのオーディションに、田中好子、藤村美樹とともに合格し、3人は「キャンディーズ」と命名され、マスコットガール兼アシスタントとして活動を開始。1973年にキャンディーズとしてシングル「あなたに夢中」で歌手デビュー。当初は田中好子(スー)がリードボーカルを担当していたものの、5曲目のシングル「年下の男の子」からは伊藤蘭(ラン)がリードボーカルを担当。1978年のキャンディーズ解散時に芸能界を引退。後に芸能界に復帰してからは女優業に専念し、映画やドラマ、舞台などで活躍している。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



伊藤蘭の名言一覧


私は私なりに、

やるしかない。




自分を解き放たないと、

舞台や演技ってできないと思うんです。




私はあまり先のことは考えられなくて、

いつも今できることを、

精いっぱいやることしかできないんです。


私にとって演じることは、

役を借りて自分のエネルギーを燃焼させること。


気力体力の充実と共に、

その情熱みたいなものを

失わないようにしていきたいですね。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:西田文郎
イメージトレーニングのパイオニア
前の名言:谷村新司
教授も務めているシンガーソングライター

sponsored link