「井筒 和幸」

(いづつ かずゆき / 1952年12月13日 - )

井筒和幸
作品・書籍一覧

<井筒和幸のプロフィール>
「井筒和幸」は、奈良県出身の映画監督タレント作家。高校時代から8ミリや16ミリ映画の製作を行うようになり、1975年に友人と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立。1975年にピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』で監督デビュー(「井筒和生」名義)。1981年に映画『ガキ帝国』がヒットし、日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。1996年公開映画『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』でブルーリボン賞作品賞を受賞。2005年に在日朝鮮人と日本人の高校生どうしの抗争と恋愛を描いた映画『パッチギ!』でブルーリボン賞作品賞をはじめ、多くの映画賞を受賞するなど高い評価を獲得する。2010年に映画『ヒーローショー』で第25回高崎映画祭最優秀監督賞を受賞。主な監督作品に「黄金を抱いて翔べ(2012年)」「ヒーローショー(2010年)」「TO THE FUTURE(2008年)」「パッチギ! LOVE&PEACE(2007年)」「パッチギ!(2005年)」「ゲロッパ! GET UP!(2003年)」「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば(1999年)」「のど自慢(1999年)」「さすらいのトラブルバスター(1996年)」「岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS(1996年)」「宇宙の法則(1990年)」「犬死にせしもの(1986年)」「二代目はクリスチャン(1985年)」「みゆき(1983年)」「ガキ帝国(1981年)」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



井筒和幸の名言一覧


本当になりたいと思うてたら、

その通りになるんですわ。

ならないのは思いが足りんからや。




仕事に愛情を持てれば、

仕事には魂が入る。


魂が入るから、

人の心を動かせる仕事になる。




仕事っていうのは、

そもそも他人のものなんです。


だけどね、それを

自分でしかできないものにして返してやる。

それが面白いんです。




青春は終わったなぁと思っても、

人生は終わらない。


まだわかっていないことがたくさんあるから、

生きていくのが愉しいのよ。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:エヴァン・H・ホプキンス
人物データがありません
前の名言:ハロルド・クシュナー
アメリカの作家・神学者

sponsored link