sponsored link


ジャニー喜多川の名言

ジャニー喜多川(じゃにー・きたがわ)」(1931〜)

ジャニーズ事務所の創設者として知られる実業家&芸能プロモーター。

元々は近所の少年たち約30名を集めた少年野球チームのコーチ。

ある日、映画『ウェストサイドストーリー』に感動し、エンターテインメント事業を興そうと決意。

この時一緒に映画を見に行った少年野球チームの4名の少年で、

「ジャニーズ」(通称・初代ジャニーズ)を結成。同年にジャニーズ事務所を設立。


以降、フォーリーブス・郷ひろみ・たのきんトリオ・シブがき隊・少年隊・光GENJIなどで、

正統派男性アイドルの礎を築き、SMAP・TOKIO・V6・KinKi Kids・嵐・NEWS

関ジャニ∞・KAT-TUNなど多くの人気男性アイドルグループを世に送り出している。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

1 /



夢を抱いた光る目、

プロとしての気迫と頑張り。

これに勝る才能などない。




100点満点なんか、

期待していない。




可能性のあるなしに関係なく、

夢を描くこと。




すべて順調にいったことは、

一度もない。




磨いていくうちに、

個性ある輝きを発してくるものなんだ。




苦労して、苦労して、やっと手に入れたものは、

誰でも大切にする。


反対に、いつでも手の届くところにあるものは、

あまり有り難みを感じないものだし、

押し付けられたものなら、今度は反発するものだ。




出世の方法ではなく、

夢に向かって頑張ることを教えたい。




基本的なことができなければ、

仕事はできない。




お互い真剣だから、

叱るタイミングなんか計算しない。




ダメだと諦めたら、

その瞬間から本当にダメになってしまう。




プロの世界に、

「これでいい」という終着点はない。




ひとつの枠に閉じ込めては、

新しいことは出てこない。




「天は二物を与えない」というが、

僕の経験では、一つのことに秀でている人間は、

多くのことに秀でていることのほうが多い。

だったら、それは伸ばすべきだ。




みんなが喜んでくれる笑顔を想像すると、

どんな無茶も出来る。




新しいことにチャレンジするには、

勇気をもってぶつかっていくことだ。


僕はよく、みんなにこう言う。

いつも同じ場所にとどまっていたら、

決して可能性や意外性は見えてこない。

失敗を恐れず、力の限りやってみることだ。



1 /

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。