sponsored link




川平慈英(ジェイカビラ)の名言と人物データ

川平 慈英(かびら じえい/Jay Kabira/ジェイカビラ)」(1962〜)

「川平慈英(ジェイカビラ)」は、沖縄県出身の俳優タレントナレーター

特にサッカー好きなことで知られ、熱狂的なサッカー中継のキャスターとして、

高い人気を集めている人物。愛称は「ジェイカビ」。

父は元アナウンサー・大学職員の「川平朝清」、母はアメリカ人女性。

兄はタレントの「ジョン・カビラ(川平慈温)」と、

元日本マクドナルドマーケティング本部本部長の「川平謙慈」。


玉川学園高等部時代は「読売サッカークラブ(東京ヴェルディ)」の、

ユースチームに在籍し、テキサス州立大学にサッカー留学するなど、

学生時代を通してサッカーにのめり込んでいたものの、

並行して演劇にもはまっていたと語り、

大学在学中にミュージカル俳優としてデビューしている。


1993年のJリーグ開幕時には、サッカーキャスターのオーディションに応募し、

熱狂的な語り口に大きな評価を獲得。

これ以降、様々なサッカー中継のキャスターとして起用されるようになり、

サッカー中継の名物キャスターとして広く世間に知られるようになる。


また俳優としても数多くの映画、ドラマ、舞台に出演しており、

主な出演映画に「カンフーくん(2008年)」「THE 有頂天ホテル(2006年)」

「いぬのえいが(2005年)」「GAMA−月桃の花(1996年)」

「仁義なきイレブン(1993年)」「Aサインデイズ(1989年)」

「ガンヘッド(1989年)」などがある。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 川平慈英(ジェイカビラ)の名言集


役者にかじりついて、これしかできない、

という人生にはしたくない。

常にいろんな自分の可能性を試したい。




親や神様から与えられた才能は誰にでもあると思うのですが、

僕自身の才能を最大限に発揮するとしたら、

ミュージカル、そこに尽きる気がしている。

生きている証しを残すとしたら、僕はそこなんだろうと。




原点は中学時代。小さいころはずっとサッカー少年だったのですが、

同時にはまっていたのが演劇でした。


英語劇クラブに所属していたのですが、とくに忘れられないのが、

中1のとき、みんなの前で演じた「ウエスト・サイド・ストーリー」。


キザな言い方ですが、舞台に立って拍手をもらった瞬間、

DNAレベルで幸福感、高揚感に包まれた。


多分あのとき、体が勝手に自分の存在価値はここにある、

と感じたんだと思う。




生きている実感というか、

今でもやはり舞台に立つと単純に気持ちいい。


それと、限りなく自分の中で完全な瞬間があるんです。

「今、僕は無敵だ」という誰にもとめられない、

壊されない、完全無欠の瞬間。

その至福の一瞬を感じたくて続けているのかもしれないですね。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 宮城喜代子(人間国宝に認定された生田流の箏(そう)の演奏家)
  • 前の名言 → 樋口一葉(「たけくらべ」などの作品で知られる小説家)

■ sponsored link