「貫地谷 しほり」

(かんじや しほり / 1985 - )


作品一覧

「貫地谷しほり」は、東京都出身の女優。愛称は「しーちゃん」「しほりん」「貫ちゃん」など。中学生の時に新宿駅(ホーム)でスカウトされ芸能界に入り、伊藤正次演劇研究所に入所。映画「スウィングガールズ」やNHK大河ドラマ「風林火山」などへの出演を経て、2007年にNHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」で初主演を果たす。2008年には「エランドール賞新人賞」を受賞。その後もドラマの主演やメインキャストを数多く演じ、2009年には、チェコのアニメ映画「屋根裏のポムネンカ」やNHKの連続人形劇「新・三銃士」で声優としても活躍。2010年には、舞台「余命1ヶ月の花嫁」で主演を演じ、「The Beauty Week Award」を受賞した他、数多くのCMにも出演している。また、名前の「貫地谷しほり」は本名であり、「貫地谷」という名字は非常に珍しく、2007年時点では全国で6世帯しかないとのこと(九州スポーツ調べ)。ちなみに名前の「しほり」は母がサザンオールスターズファンであり、同グループの楽曲「栞(しおり)のテーマ」に由来している。ただ、命名当時は人名に漢字の「栞」が使用できないことになっていたため、「しほり」になったとのこと。主な出演映画作品に「僕達急行 A列車で行こう」「パレード」「ゴールデンスランバー」「僕らのワンダフルデイズ」「ノーボーイズ,ノークライ」「THE CODE/暗号」「ジェネラル・ルージュの凱旋」「パコと魔法の絵本」「青空のルーレット」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「包帯クラブ」「彩恋 SAI-REN」「神童」「愛の流刑地」「夜のピクニック」「ナイスの森〜The First Contact〜」「最終兵器彼女」「探偵事務所5」「KARAOKE -人生紙一重-」「死霊波」「スウィングガールズ」「SURVIVE STYLE5+」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



貫地谷しほりの名言一覧


気持ちは決まっているのに、

逃げ道を作っているのはいけない。




吉瀬美智子さんとの出会いが大きいですね。

本当にステキな方なんです。


とても美人なのにおちゃめでおもしろい。

何より人が傷つくような

言葉の選び方を絶対にしないところがステキです。


自分が意識していなくても

何げなく言った言葉で

相手を傷つけてしまうことって

誰にでもあると思うのですが、

美智姉の場合はそれが絶対にないんです。


美智姉がいるだけで

みんなが気持ちよく仕事ができる。




中途半端な気持ちでやっている人と、

一緒に仕事をしたくないだろうな。




前はマネジャーにも

自分の気持ちが言えませんでした。


例えば、衣装合わせでも

それぞれの管轄があるので

私が口を出すのはよくないことだと。


でも、一緒に仕事をしているわけだから

自分の意見を言うのは全く失礼ではないし、

むしろ当たり前のことなんだと、

経験を重ねていく中で思うようになり、

今はこうした方がいいと思ったら

ちゃんと言っています。


その意見が通る、通らないは関係なく、

監督や演出家にも「自分はこうしたい」

と思った時は伝えるようにしています。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:河中宏
中川電化産業株式会社の代表取締役を務める実業家
前の名言:中村文昭
クロフネカンパニーの代表取締役を務める実業家

sponsored link