「観世 栄夫」(観世 榮夫)

(かんぜ ひでお / 1927年8月3日 - 2007年6月8日 )

観世栄夫
著書一覧

<観世栄夫のプロフィール>
「観世栄夫」は、シテ方観世流の能楽師俳優京都造形芸術大学教授。父親は能楽師「7代観世雅雪(かんぜ がせつ)」。父や観世華雪、喜多六平太、喜多実、後藤得三らに師事。1958年に能楽界を離脱し、現代演劇や映画、TVドラマ、舞踊などで俳優として活躍した人物であり、兄「観世寿夫」の遺言(意向)を汲み、1979年に能楽に復帰。また、一時喜多流に転流したものの、観世流に復帰している。1997年に芸術選奨文部大臣賞、1998年にモービル音楽賞、2001年に勲四等瑞宝章を受章・授与。主な出演ドラマ作品に「終戦日の荷風と潤一郎」「妻のまごころ」「草燃える」「黄金の日日」「日本の戦後」「横溝正史シリーズ 悪魔が来りて笛を吹く」「子連れ狼」「天皇の世紀」「新書太閤記」「竜馬がゆく」「春の坂道」「三姉妹」「レモンのような女」「源義経」など。主な著書・書籍に「華より幽へ 観世榮夫自伝」「世栄夫の世界」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



観世栄夫の名言一覧


伝統というのは、

壊しても壊しても残っていくもの。


ぶち壊すという意味じゃなくて、

昨日つくったものを反省して先に行く。


その中で残ってきたものが、

伝統なんじゃないか。




生きることと、

いかにうまく死ぬことは

同じようなことだ。


毎日生きることは、

いかにうまく死ぬことかもしれない。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:杉山 弘道(すぎやま ひろみち)
社長専属の経営コンサルタント
前の名言:小柴 昌俊(こしば まさとし)
自然発生したニュートリノの観測に世界で初めて成功した物理学者、理学博士

sponsored link