sponsored link


果心居士の名言と人物データ

果心居士(かしんこじ)」(1524〜?)

「果心居士」は、室町時代末期に活躍した幻術師

七宝行者とも呼ばれる人物であり、

織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、松永久秀らの前で、

幻術を披露したと記録されているものの、

実在を疑問視する向きもある。

安土桃山時代末期のものとされる愚軒による雑話集『義残後覚』や、

江戸時代の柏崎永以の随筆『古老茶話』にも、その記述が見られる。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



力で押さず、智でおとす。

しかし、智に頼って、

勇を失ってもならぬ。




誇るなよ。怠けるなよ。油断するなよ。

お前の使命はまだ残っているはず。

再び、我と逢う日まで、心の紐をゆるめるなかれ。




苦しめ苦しめ!

苦しまぬ者は、磨かれぬ。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。