sponsored link


片平なぎさの名言と人物データ

片平 なぎさ(かたひら なぎさ)」(1959〜)

「片平なぎさ」は、東京都出身の女優

1974年にオーディション番組『スター誕生!』に出演し、

1975年に「純愛」で歌手デビュー。

同年に「美しい契り」で第17回日本レコード大賞新人賞、新宿音楽祭銀賞などを受賞。

1975年に映画『青い山脈』で女優デビューをしてからは、

本格的に女優へ転向し、1983年から1984年にかけて放送された人気ドラマ、

『スチュワーデス物語』では、主人公役の堀ちえみをいじめる悪女役を演じて一躍評判になる。


1989年には『わたしは女優・貞奴恋の漫遊記』で舞台デビュー。

1990年代からは、『火曜サスペンス劇場』の『小京都ミステリー』シリーズや、

『山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ』、

『土曜ワイド劇場』の『子づくり旅行』シリーズなど、

2時間ドラマの主演シリーズを持つようになり、

「2時間ドラマの女王」の異名で知られるようになった人物。

また長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』では、1981年〜1992年までの10年半にわたって、

桂三枝の4代目アシスタントを務めていた。

(出典:ウィキペディア&どらく)

出演作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 片平なぎさの名言集


誰でもそうだと思いますが、

若い時って「早く結果を出したい、答えが欲しい」と思いますよね。


でも年を重ねると答えが問題なんじゃない、

今を大切にしていたらおのずと答えは出るとわかってくる。

これが若い頃にわかっていたら、私もたいしたものでしたね。




■ 地球の名言