sponsored link




彼我木輪廻(刀語)の名言と作品データ

彼我木 輪廻」(ひがき りんね)

「彼我木輪廻」は、「西尾 維新」による時代小説型ライトノベル作品、

「刀語」の登場人物の一人。

アニメ版の声優は、女性声優の「伊東 みやこ(いとう みやこ)」が担当。


誠刀「銓」の所有者であった奥州陸奥の百刑場に住む仙人。

七花ととがめが接触した際には、

七花が苦手意識を持ったか苦戦した相手である、

慚愧、七実、こなゆき、迷彩を混ぜ合わせた少女の姿で登場。

とがめには内心苦手にしていた彼女の父親に似た人物に見えており、

とがめは相手の苦手意識を反映していると分析している。

四季崎記紀とは顔見知り。

自称300歳で、人間だった頃も含めると350歳ほどとのこと。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧 / グッズランキング


■ 彼我木輪廻(刀語)の名言集


僕はね。

歴史とは人間が生きた証だと思う。

精一杯生きた人間の証だ。

(by 彼我木 輪廻)




それが君の生き様なら、

貫き通してみればいい。

(by 彼我木 輪廻)




戦いから得る経験なんて、

無益なもんだ。


有益であったとしても、

悲しいだけだ。

(by 彼我木 輪廻)




目的のために目的も捨てねばならない。

それが今の君たちが考えるべき教訓だ。


野望も野心も復讐心も、

真の目的のためには、

捨てるべき目的だよ。

(by 彼我木 輪廻)




人は殺したら死ぬんだよ。

君たちはそんな単純な原理からさえ、

目をそらしている。

(by 彼我木 輪廻)




苦手なものを、

思い出したくもない記憶を、

持たない者なんていないよ。

(by 彼我木 輪廻)




秤(はかり)ってのは、

天秤(てんびん)って意味だ。


君は自分のやっていることが、

どれほどの何と釣り合うのか、

考えてみることだ。

(by 彼我木 輪廻)


sponsored link



■ 刀語の名言集


■ sponsored link