sponsored link




汽口慚愧(刀語)の名言と作品データ

汽口 慚愧」(きぐち ざんき)

「汽口慚愧」は、「西尾 維新」による時代小説型ライトノベル作品、

「刀語」の登場人物の一人。

アニメ版の声優は、女性声優・歌手の「伊藤 静(いとう しずか)」が担当。


棋士の聖地「出羽の将棋村」に道場を構える心王一鞘流の女性当主。

直毛の長い黒髪の女性であり、

王刀「鋸」の性質ゆえに変体刀の毒気に当てられず、

門下生のいない道場を守る、これまでの変体刀の所持者とは違う真人間。

奇策士とがめに、剣ではなく将棋を取れば、

間違いなくとがめ以上の腕前になったであろうと評された、文武両道の人物。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧 / グッズランキング


■ 汽口慚愧(刀語)の名言集


一芸に秀でる者は、

万芸に秀でる。

(by 汽口 慚愧)




私の代で終わってしまうものに、

しがみつくことは、

あるいは、ただの未練なのではないかと、

思わなくはないのです。

(by 汽口 慚愧)


sponsored link



■ 刀語の名言集


■ sponsored link