sponsored link




鑢七花(刀語)の名言と作品データ

鑢 七花」(やすり しちか)

「鑢七花」は、「西尾 維新」による時代小説型ライトノベル作品、

「刀語」の主人公。

アニメ版の声優は、男性声優の「細谷 佳正(ほそや よしまさ)」、

幼少期は、女性声優の「くまい もとこ」が担当。


虚刀流七代目当主を務める刀を使わない剣士。

島育ちの為世間知らずで、考える事が苦手な面倒くさがりだが、

常識に囚われない発想が敵を倒す糸口を発見する事も多い。

かなりの長身で、鋼のように鍛えられた肉体を持っている人物。

動きやすいという事で上半身裸でいる事がほとんど。

虚刀流の血統のせいで刀剣を扱う才能が全く無く、

刀を振りかぶれば後ろに落とし、振り下ろせば前に零す。

とがめに強引に決められた、

「ただしその頃には、あんたは八つ裂きになっているだろうけどな」が決め台詞。

人間としてではなく、一本の刀となるよう育てられた為、

対峙する相手に全く拘りを持たない。

とがめと行動を共にするようになってからは、

最低限とがめの望みを可能な限り叶える方針を採るようにはなったものの、

人間社会の細かい事情は全く理解出来ないまま。

刀集めの旅に出てから、人間らしい感情や感性が育っていく。

戦闘では冷静に相手を観察して作戦を考えるタイプであり、

ちぇりお問題では事実を知っていたのにも関わらず、

とがめに何らかの事情があって言っているに違いないと考えて指摘しなかった。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧 / グッズランキング


■ 鑢七花(刀語)の名言集


考え無しも、そりゃまずいが、

考えすぎもよくねぇや。

(by 鑢 七花)


sponsored link



■ 刀語の名言集


■ sponsored link