sponsored link




刀語の名言と作品データ

刀語(カタナガタリ)」(Katanagatari)

「刀語」は、日本を代表するライトノベル作家の一人である、

「西尾 維新(にしお いしん)」が描いた初の時代小説型ライトノベル作品(全12巻)。

イラストは、女性イラストレーターの「竹(たけ)」が担当。

「刀を使わない剣士」と、伝説の刀鍛冶が作った12本の刀を描いた作品であり、

各単行本ごとに一つの刀の話を取り上げ、

12カ月連続で発売され完結した話題作。

2010年にアニメ化(監督:元永慶太郎、アニメーション制作:WHITE FOX)され、

1冊1冊の面白さを最大限表現するために、

毎月1話1時間スペシャルでテレビ放送された作品。

ちなみに1時間枠の連続テレビアニメとしては日本で5作目の作品であり、

フジテレビとしては「野球狂の詩」(1977-1979)から31年ぶりとなる。


刀を使わない剣術「虚刀流(きょとうりゅう)」の七代目当主である「鑢 七花(やすり しちか)」は、

姉の「七実(ななみ)」とともに不承島で暮らしていた。

そんな平穏な島に、伝説の刀鍛冶が作った12本の刀「変体刀」の収集を幕府から命じられた、

奇策士の少女「とがめ」が訪れる。

そして、七花はとがめと共に12本の刀を探す旅に出ることになった。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

作品一覧 / グッズランキング


■ 刀語の名言集


先手を打たれたならば、

後手を返せばよい。

(by とがめ




僕はね。

歴史とは人間が生きた証だと思う。

精一杯生きた人間の証だ。

(by 彼我木 輪廻




逆境も苦境も、

私の前では、

等しく日常にすぎん。

(by とがめ)




それが君の生き様なら、

貫き通してみればいい。

(by 彼我木 輪廻)




考え無しも、そりゃまずいが、

考えすぎもよくねぇや。

(by 鑢 七花




戦いから得る経験なんて、

無益なもんだ。


有益であったとしても、

悲しいだけだ。

(by 彼我木 輪廻)




一芸に秀でる者は、

万芸に秀でる。

(by 汽口 慚愧




お前はただ、

するどき刀であればいい。

(by 鑢 六枝




目的のために目的も捨てねばならない。

それが今の君たちが考えるべき教訓だ。


野望も野心も復讐心も、

真の目的のためには、

捨てるべき目的だよ。

(by 彼我木 輪廻)




運命は自分で

言い張るものだ。

(by とがめ)



1 /


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 出口治明(ライフネット生命保険株式会社の創設者)
  • 前の名言 → 川上麻衣子(映画やドラマで活躍する女優)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link