「勝間和代の名言集2」

勝間和代
著書一覧

著述家・評論家「勝間和代」の名言 第2集をお楽しみください。



勝間和代の名言2


頑張っているというのは、

あくまで自分が主観的に頑張っている、

ということであって、


客観的に成果がでているかどうかは、

全く別の話。




続けられる「仕組み」を作って、

成果が出るまで続けること。




実行できる人とできない人の違いは、

「弱い意志を、いかに手法やスキルで補って、

習慣化できるようにしているか」

ということにつきます。




やりたくて、得意で、

儲かることを優先すること。




どんなに時間がかかっても、

後戻りをしていない限り、

いつかは達成できる。




やることを効率化するのではなく、

「やること自体」を減らしなさい。




「欠点」「不得意分野」への対処方法としては


ちょっとした努力で

向上できる範囲においては改善を心がけるが、


あまり時間を使わないようにする、

あるいは意図的に放っておく。



勝間和代の名言 第1集に戻る

sponsored link


バックナンバー

次の名言:坂村真民
日本の仏教詩人
前の名言:山田満知子
世界的に知られるフィギュアスケートの名コーチ

sponsored link