sponsored link




川上麻衣子の名言と人物データ

川上 麻衣子(かわかみ まいこ)」(1966〜)

「川上麻衣子」は、スウェーデン生まれの日本の女優

14歳の時にNHKドラマ 人間模様「絆」で女優デビュー。

「3年B組金八先生」で優等生役を演じ広く知られるようになり、

翌年にはアイドルとして「白夜の世代」で歌手デビューも果たしている。

1983年には17歳で写真集「暑い国 夢の国 生まれた国」を発表し大きな話題を呼び、

1996年に「でべそ」で日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞を受賞している。

また、2001年頃から小樽のガラス工芸に魅せられ、

自身で製作をはじめ、ウェブサイト販売なども行っている。


主な出演映画作品に「パートナーズ(2010年)」「アイ・アム I am.(2010年)」

「石内尋常高等小学校 花は散れども(2008年)」「PETBOX ペットボックス(2006年)」

「ガッツ伝説 愛しのピット・ブル(2005年)」

「ロード88 出会い路、四国へ(2004年)」「しの〜SHINO〜(2003年)」

「手紙(2002年)」「カタルシス(2002年)」「三文役者(2000年)」

「なにわ忠臣蔵(1997年)」「GONIN(1995年)」など多数。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

作品一覧 / グッズランキング


■ 川上麻衣子の名言集


20代、30代のときは、

「幸せは出会う人次第」なんて、

どこか人任せにできる部分もあったのですが、

40代はそうはいかない。


全部自分で決断し、

進んでいかなくちゃって思います。




「どうしてできないんだろう?」というつらさより、

「どうやったらいいのか」と前向きに考えるようになったし、

何より芝居ができる喜びが大きくなりましたね。


芝居は終わりがないし、答えがない。

だから楽しい。




失敗したら失敗したで、

次どうするかを臨機応変に、

考えていかなくてはいけない。




(パワーの源は?と聞かれて)

朝日かな。

朝起きて太陽を浴びると、

「ああ、生きているな」って思うんですよ。


朝日にはとてつもなく大きなもの、

前向きなエネルギーを感じます。


すべての人の、

生きる原動力がここにある気がします。


私は海外へ行く機会も多いのですが、

朝日は東京の自宅からでも、

アフリカの大地でも同じパワーを与えてくれる。

シンプルだけど、すごく素敵だなって思う。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 刀語(西尾維新による時代小説型ライトノベル作品)
  • 前の名言 → ラブひな(東大受験&ラブコメディ漫画作品)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link