sponsored link




川島隆太の名言とプロフィール

川島 隆太(かわしま りゅうた)」(1959〜)

「川島隆太」は、千葉県出身の医学者大学教授

「脳を鍛える大人の計算ドリル」と「脳を鍛える大人の音読ドリル」シリーズの、

著者として広く知られる人物であり、

2004年以降の「脳トレブーム」のきっかけを作った人物としても有名。

父は、北里大学教授の「川島勝弘」。


専門は人間の脳活動の仕組みの解明、研究と応用であり、

認知症の予防や脳機能の改善、幼少児の脳機能の発達促進の研究家。

毎日(最低でも週3日以上)、10分から20分ほどの継続的な読み・書き・計算が、

認知症患者の脳の再活性化、脳機能の改善、回復を促すという「学習療法」を発表。

この「学習療法」を一般の人向けに発表したのが、

シリース累計350万部の大ベストセラーとなった、

「脳を鍛える大人の計算ドリル」と「脳を鍛える大人の音読ドリル」シリーズであり、

ゲーム機「ニンテンドーDS」版のソフトも発表されている。

また、そろばんと脳の研究にも取り組んでおり、

日本珠算連盟の有識者懇談会座長も務めている。


主な著書に「大人から子どもまで 脳力を鍛える漢字トレーニング」

「100日間パズルで脳が活性化する」「さらば脳ブ-ム」

「記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?」

「遺伝子学者と脳科学者の往復書簡 今、子どもたちの遺伝子と脳に何が起きているのか?」

「川島隆太教授の音読で脳を鍛える名文365日」「脳力を鍛えるゆび編みレッスン」

「脳力を鍛える読み書き計算トレーニング」「脳の力こぶ 科学と文学による新 学問のすゝめ」

「大人から子どもまで 脳力を鍛える音読練習帳」「スマートな脳 朝の脳トレーニング三〇日」

「子どもの脳を鍛える子育てアドバイス」など多数。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 川島隆太の名言集


私の勝手な推測ですが、人の能力が衰えていく理由は、

自分の現在の力よりも低いレベルでしか、

能力を使っていないからだと思うのです。


だから意識して努力し、今の自分に負荷をかけてきた人だけが、

維持向上できる。


体を鍛えるのはつらいですが、脳を鍛えるのは意外と簡単でしょう。

一日5分ください。読んだり、書いたり、計算だけでいい。


トイレの中で5分間、意識しながら新聞を声に出して読むだけで、

脳の健康を維持向上でき、豊かな人生を送る基礎は作れるのです。




今の子供たちの生育環境を考える上で問題なのは家庭環境です。

一般的な現代の家庭では、

おそらく親は家で呆けてテレビを見ながらゲラゲラ笑っているような姿しか、

子供には見せていません。


私たちの世代の親は、家で何らかの仕事をしており、

その背中を見て、私たちは「親は仕事、子供は勉強」と納得してきた。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 石坂浩二(ナレーターとしても活躍する俳優・タレント)
  • 前の名言 → 元ちとせ(奄美民謡をベースとした歌声で人気の女性歌手)

■ sponsored link