「菊地 庄次郎」

(きくち しょうじろう / 1912 - 1984)


書籍一覧

「菊地庄次郎」は、宮城県出身の経営者。日本を代表する海運会社のひとつ「日本郵船株式会社」の元社長として知られる人物であり、「菊地商法」と称される経営手法でも知られている。また、日本経営者団体連盟常任理事や日本船主協会会長、経済同友会副代表幹事等を歴任。1982年に勲二等旭日重光章を授与されている。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



菊地庄次郎の名言一覧


勉強しろよ。

自分のために。




企業の盛衰を決めるのは、

結局は企業を構成する人間集団である。


輝かしい伝統も、

優れた組織や強力な蓄積も、

その時々の担い手次第で、

槿花一朝の夢となる。


したがって企業にとっては、

人材育成が何にも増して重要なテーマであり、

経営者は優れた教育者でなければならない。




堅固な戦略を背景に、

計画をきちんと立てて、

経営する時代は終わったようだ。


今や出たとこ勝負で、

積極的に試行錯誤をやる方が、

いいのではなかろうか。


そのうち何かいい策が、

つかめるような気がする。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:小泉吉宏
「一秒の言葉」の作者として知られる漫画家&絵本作家
前の名言:トヨタの言葉
発言者の分かっていないトヨタ関連の名言集

sponsored link