sponsored link


君原健二の名言

君原 健二(きみはら けんじ)」(1941〜)

日本が誇る名ランナーとして知られる男子マラソン選手

1960年〜1970代前半の戦後のマラソン第1次黄金時代に活躍した選手であり、

オリンピックに3度出場し、1964年の東京オリンピックで8位、

1968年のメキシコシティオリンピックで2位、1972年のミュンヘンオリンピックで5位を獲得。

また、毎日マラソン、ボストンマラソン、玉造松江毎日マラソン、タイムスマラソン、

別府大分毎日マラソン、ポリテクニック・ハリアーズ・マラソンで優勝を飾っている。


現役引退後は、九州女子短期大学の教員、北九州市立大学の特任教授などを歴任し、

講演活動や市民マラソンへのゲスト出場などを行っている。

主な著書に「マラソンの青春」「君原健二のマラソン」「人生ランナーの条件」

「人生の走り方」「君原健二聞書き ゴール無限」などがある。

(出典:ウィキペディア)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



人生は、よくマラソンに例えられるが、私はむしろ、

人生は駅伝であると思う。

前を走った者から、たすきを受け継ぎ、

後に走る者につなぐ…。

途中で走ることをやめるわけにはいかないのが人生。




努力の成果なんて目には見えない。

しかし、紙一重の薄さも重なれば本の厚さになる。




無駄に終わる努力など、

あり得ない。




人間に与えられた、

最大の力は努力です。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。