「木村 耕一」

(きむら こういち / 1959年 - )

木村耕一
著書一覧

<木村耕一のプロフィール>
「木村耕一」は、富山県出身のエッセイスト自己啓発作家。人生哲学についてのエッセイで知られる人物。主な著書に「まっすぐな生き方」「思いやりのこころ」「おむすびの味 親のこころ」「親のこころ」「こころの朝 たった1つの教訓で、もっと明るく生きられる」「こころの道 ものの見方、考え方ひとつで、新しい風が吹いてくる」などがある。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



木村耕一の名言一覧


「生涯を懸ける大事業」

に巡り合えた人は、

幸せである。




現在は、

過去と未来を解く鍵である。




どういう志を持って、

まっすぐに生きるか、

それがいちばん問われている。




経済的に厳しい時に、

心まで貧しくなったのでは、


やること、なすこと、

暗いほうへばかり傾いてしまう。




目的に向かって突き進んでこそ、

人生は輝く。




「桃栗三年、柿八年」といわれるように、

果物でさえ、種をまいてから、樹木が育ち、

おいしい実をつけるまでに

何年もかかるではないか。


まして、人を育てるのに一年や二年で、

際立った結果が現れるはずがない。




どんな結果にも、必ず原因がある。

悪い結果が起きたならば、

その時、その時、きちんと反省し、

改める努力をしてこそ、未来が開けていく。




「運が悪かった」と嘆いたら、

進歩はない。




善いタネをまいて、

悪い結果が起きることもなければ、


悪いタネをまいて、

善い結果が現れることもありません。




逆境の時こそ、

落ち着いて

物事を判断しなければならない。




人には向き、不向きがある。

同じことができないと嘆くよりも、

得意な分野を伸ばすほうがいい。




何事も簡単にあきらめてはならない。

知恵を巡らせば、

結果は大きく変わってくる。




人は、苦難を乗り越えてこそ磨かれる。

「ここ一つ、命を懸けて悔いなし」

と叫べる大目的を見い出し、

一心不乱に突き進む人は、

最も幸せな人である。



木村耕一の名言 第2集

sponsored link


バックナンバー

次の名言:諸橋轍次
「大漢和辞典」や「広漢和辞典」の編者者
前の名言:岩崎恭子
バルセロナオリンピックの金メダリストとして知られる元水泳選手

sponsored link