sponsored link


木村多江の名言と人物データ

木村 多江(きむら たえ)」(1971〜)

「木村多江」は、東京都出身の女優

昭和音楽芸術学院を卒業後は、舞台女優として活動していたものの、

1996年頃より女優としての活動をはじめ、

ドラマ「リング〜最終章〜」「らせん」での演技で高い評価を獲得。

その後、「救命病棟24時」「大奥」「白い巨塔」などの人気ドラマをはじめ、

「花とアリス」「電車男」「踊る大捜査線 THE MOVIE」など多くの映画にも出演。

初主演映画『ぐるりのこと。』(2008)では、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、

ブルーリボン賞主演女優賞、高崎映画祭 優秀主演女優賞など多くの賞を受賞。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

出演作品&関連書籍一覧を見る→


■ 木村多江の名言集


追い込まれて、

限界を超えたところから、

生まれてきたものが、

いっぱいある。




前は自分の中で、

1と思ったら1の芝居をしなければと思い込んでいた。


でも、違う。

10でも100でもいい。


自分にうそをつかなければ、

どんなふうに演じてもいい。




学ぶことが、

山のようにある。




入院中、窓から見える景色しかないのですが、

朝がくるだけでうれしかったし、

雨の音を聞いているだけでも心地よかった。


小さな幸せを積み重ねてこそ、

人は心豊かになるんだなあと気づかせてもらいました。




私もまわりに支えられて生きてきたんだから、

背中を押してあげることはできなくても、

触ってちょっと支えてあげるぐらいのことはできるんじゃないか、

そんなふうに役に立てたらいいな。




一瞬一瞬を大事にして生きていきたい。

きっと、もっと楽しいことがあるだろうし。

本もいっぱい読みたいし、

映画もたくさん観たいし、

いろんな人と出会いたい。




■ 地球の名言