「北里 柴三郎」

(きたさと しばさぶろう / 1853年1月29日 - 1931年6月13日 )

北里柴三郎
書籍一覧

<北里柴三郎のプロフィール>
「北里柴三郎」は、熊本県出身の医学者細菌学者。「日本の細菌学の父」と称される人物であり、門下生からは「ドンネル先生」の愛称で親しまれていたとのこと。東京医学校(現・東京大学医学部)在学中に「医者の使命は病気を予防することにある」と確信し、予防医学を生涯の仕事とすることを決意。1885年にドイツのベルリン大学へ留学し、「近代細菌学の開祖」と称される「ロベルト・コッホ(Robert Koch)」に師事。1889年に世界初となる破傷風菌だけを取りだす破傷風菌純粋培養法に成功、1890年に破傷風菌抗毒素を発見。菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出す画期的な手法「血清療法」も開発。帰国後は福澤諭吉の援助をうけて「私立伝染病研究所」が設立され、初代所長に就任。1894年にはペストの蔓延していた香港に政府から派遣され、病原菌であった「ペスト菌」を発見。その後、伝染病研究を政府が柴三郎に相談もなしに東大の下部組織にするという方針を発表したため、「衛生行政と表裏一体であるべき」という方針をとっていた柴三郎は所長を辞任し、私費を投じて私立北里研究所を設立。その後は、狂犬病をはじめ、インフルエンザや赤痢、発疹チフスなどの血清開発に取り組んだとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



北里柴三郎の名言一覧


研究だけを

やっていたのではダメだ。


それをどうやって

世の中に役立てるかを考えよ。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:エドゥアルド・ガレアーノ
『収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』や『火の記憶』などの著者として知られるウルグアイ出身のジャーナリスト・作家
前の名言:是枝 裕和(これえだ ひろかず)
国内外で高い評価を獲得している映画監督の一人

sponsored link