sponsored link


小林多喜二の名言

小林 多喜二(こばやし たきじ)」(1903〜1933)

日本のプロレタリア文学の代表的な作家小説家

三・一五事件を題材に『一九二八年三月十五日』を『戦旗』に発表。

1929年に『蟹工船』を『戦旗』に発表し、

一躍プロレタリア文学の旗手として注目を集め、

同年7月には土方与志らの新築地劇団(築地小劇場より分裂)によって、

『北緯五十度以北』という題で帝国劇場にて上演された。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



闇があるから光がある。

そして闇から出てきた人こそ、

一番本当に光の有難さが分かるんだ。




困難な情勢になってはじめて誰が敵か、

誰が味方顔をしていたか、

そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。