sponsored link




児玉源太郎の名言と人物データ

児玉 源太郎(こだま げんたろう)」(1852〜1906)

「児玉源太郎」は、日露戦争の名将として知られる、

周防国(現:山口県)出身の武士陸軍軍人

長州藩の支藩「徳山藩」の中級武士の長男として生まれ、

下士官として函館戦争に参加した後、陸軍に入隊。

その後、「神風連の乱」や「西南戦争・熊本城籠城戦」に参加。


特に日露戦争での活躍が後世に伝えられている人物であり、

日露戦争の戦略立案、満州での戦闘指揮、戦費の調達、アメリカへの講和依頼、

欧州での帝政ロシアへの革命工作、といったあらゆる局面で彼の名前が登場。

俗に「児玉ケーブル」と言われる海底ケーブルを日本周辺に張り巡らしたことで、

現代戦で最も重要と言われる情報のやり取りを、

迅速に行えるようにしたことでも高い評価を得ている。

現在では、東郷平八郎、大山巌、乃木希典らと共に、

日露戦争の英雄として語り継がれている。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→


■ 児玉源太郎の名言集


何事をなすにも必ず困難が伴うものだ。

その困難に打ちかって大事をなすことこそ、

男子の本懐というもの。

男らしく、正々堂々とやりたまえ。




初めから他人の助けを、

当てにするような人間は、

決して成功せん。

■ sponsored link



■ 武士 Yahoo!オークション ランキング

Yahoo!オークションランキングの続きを見る→



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 王貞治の名言(「世界の王」とも称される日本を代表する野球選手の一人)
  • 前の名言 → 白瀬矗の名言(南極探検家&大日本帝国の陸軍中尉)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link