sponsored link


児玉光雄の名言

児玉光雄(こだま みつお)」(1947〜)

スポーツの天才の思考・行動パターン分析のエキスパートで知られる、

鹿屋体育大学教授自己啓発作家

専門分野の臨床スポーツ心理学を応用した著書を多く発表する人物。

著書一覧(提供:楽天)を見る→



変化しないからといって、

成長していないと決めつけるのは短絡思考。




人生に絶対がない以上、

決断したらそのまま全力で切り込むしかない。

そこに迷いが少しでも出たら、

それが命取りになる。




自分のやりたいことを追いかける強い欲求さえあれば、

誰でも夢を追える。

夢に向かう行動を抑制しているのは、

夢を実現しようという欲求の弱さである。




夢を追うことのできない人間は臆病者。

成功者は、勇気を出して行動を起こし、

自分の夢のためなら周囲との摩擦も意に介さない。




失敗しても、不運に見舞われても、

チャレンジし続ける限り、

あなたの人生に敗北はない。




チャンピオンは恐怖感を緊張感に変化させ、

並みのプレイヤーは緊張感を恐怖感に変えてしまう。




運は元気な人に味方し、

元気のない人から逃げていく。

才能は人並みでも活力のある人は必ず成功する。




事がうまく運んでいるときは実力の差が現れにくい。

一流と並みの人間に決定的な違いが現れるのは、

いつもピンチに直面したとき。




並みの人間はピンチに遭遇すると、

顔面蒼白になり目の前の仕事に没頭できない。

さらに深みにはまっていく。


一方、一流の人間は笑いながら、

「さぁ、面白くなってきたぞ」と普段よりも活気づく。

だからピンチに冷静に対応できる。




人生というゲームは、

自分が「負け」と宣言しない限り、

絶対負けはない。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。