sponsored link


こどものじかんの名言と作品データ

こどものじかん」(Kodomo no Jikan)

「こどものじかん」は、『COMIC HIGH』(双葉社)2004年3月創刊号に、

読み切り作品として発表され、以降長期連載作品となっている、

「私屋カヲル」によるラブコメ漫画作品。

2007年にアニメ化。アニメーション制作は「スタジオバルセロナ」が担当。


小学校に赴任した新米の青年教師「青木大介」を主人公にした物語であり、

「九重りん」・「鏡 黒」・「宇佐 美々」などの生徒達を中心に色々な問題に直面し、

生徒達と共に自身も成長していく姿を描いた作品となっている。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ こどものじかんの名言集


上を目指すためには、

足元がふらついていたら駄目!

(by 白井 紗江




考えてみれば、

いくつも答えらしきものは出てくる。

でも答えなんて、きっといらない。

(by 青木 大介




たまに駆け足になっちゃうこともあるけど、

ひと休みしたり、転んだりしながら、

きっと、どこまでも続いていく。

(by 九重 りん




分かろうとすることは、

無駄じゃない!

(by 青木 大介




■ こどものじかん リンク集

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。