sponsored link




小日向文世の名言と人物データ

小日向 文世(こひなた ふみよ)」(1954〜)

「小日向文世」は、北海道出身の男性俳優

「コヒさん」の愛称で親しまれ、多くのTVドラマや映画などに出演し、

「名脇役」として広く世間に知られている人物。


中村雅俊の付き人を務めた後、1977年に劇団「オンシアター自由劇場」に入団。

同劇団解散後に映画・テレビドラマなどの映像分野に進出するものの、

端役の仕事がほとんどだったとのこと。

転機になったのは、2001年に放送されたフジテレビ月9ドラマ「HERO」(主演:木村拓哉)であり、

メインキャストの1人としてレギュラー出演し、

ユニークでコミカルな事務官役で高い評価を獲得。

それ以降、数多くのドラマ・映画・舞台などに出演し、「名脇役」としての地位を確立。

そのほのぼのとした素顔から「癒し系俳優」とも呼ばれている。

また、2004年に映画「銀のエンゼル」で初の主演を演じ、

2008年にはドラマ「あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜」で、

連続ドラマの初主演も務めている。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

出演作品&著書一覧を見る→


■ 小日向文世の名言集


人の記憶に残る役者として演じ続けたい。

主役でも脇役でも、たとえワンポイントの役でも、

忘れられない印象を残し精いっぱいやりたい。




たとえセリフがしゃべれなくても、

ボーっと立っているだけで、

雰囲気のあるおじいちゃんをやりたいな。

■ sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link