sponsored link


小池栄子の名言と人物データ

小池 栄子(こいけ えいこ)」(1980〜)

「小池栄子」は、東京都出身の女優タレント&元グラビアアイドル

1997年に「踊る大捜査線」(5話)で女優デビュー。

その後、「美少女H」「ナオミ」「青い鳥症候群」「TEAM」など、

多くのTVドラマをはじめ、CM、舞台、経済番組など幅広く活躍している人物。

また、主演映画「接吻」(2008年)では、ヨコハマ映画祭主演女優賞、

毎日映画コンクール女優主演賞など多くの賞を受賞。

主な出演映画作品に「模倣犯」(02年)、「下妻物語」「犬猫」(04年)、

「パコと魔法の絵本」(08年)、

「20世紀少年 第2章・最終章」「わたし出すわ」(09年)などがある。

また、桑田佳祐の直接オファーにより、

2003年のサザンオールスターズ復帰第一弾のシングル、

涙の海で抱かれたい SEA OF LOVE』のPVにも出演している。

夫はプロレスラーの坂田亘。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

出演作品&関連書籍一覧を見る→


■ 小池栄子の名言集


一度事務所に頭を下げたんです。

「どんな仕事でもやります」と。

そうしたら自分の中の意識が変わりました。


毎回グラビアを見てくれているファンの方からも、

「表情が変わった」「真剣な感じがする」とお手紙をいただきました。

そうしたら、バラエティーの深夜番組も決まったりして。

やはりすべては自分の気持ち次第で動いていくものなんだと、

その時学びました。




他人の生き方に対して、

とやかく言うもんじゃない、

生き方に正解はない。




自分がこうしている間にも、

違う場所で一生懸命生きている人がいる。

そう思うだけで前向きになれる。




たった数秒、数分のシーンのために、

多くのスタッフがセットを作り上げてくれるんです。

これはすごいことだなあって毎回思う。


で、セットが完成すると、

「あとは任せましたよ、頑張ってよ、

あなたが僕たちの思いを全部背負ってるんだから」

と無言で言われている気がして。

プレッシャーなんだけど、同じくらい快感なんですよね。




周りがイエスマンばかりでは、

成長もストップしてしまいます。




どんなに内面でもがき苦しんでいても、

そんなそぶりなど見せない、

という人が好きなんです。




■ 地球の名言