「小泉 十三」

(こいずみ じゅうぞう / 1956 - )


著書一覧

「小泉十三」は、「頭がいい人シリーズ」の作者として知られる作家ライター。早稲田大学の文学部を卒業後、出版社に入社し書籍の編集などを経て独立。単行本や雑誌への執筆活動を中心に活動を行っている人物。主な著書に「頭がいい人の会話術 誰とでも自信をもって話せるようになる」「いいアイデアを出せる人の習慣術 あなたの企画力・発想力が大きく伸びる」「頭がいい人の文章の書き方 上手な人、ヘタな人の差がひと目でわかる」「頭がいい人の45歳からの習慣術イラスト図解版 これからの自分をもっと輝かせるための」「頭がいい人の45歳からの習慣術 自分を磨き、人生をさらに充実させるヒント」「頭がいい人のゴルフ習慣術」「頭がいい人の心理トリックの会話術 あなたの魅力と説得力に磨きがかかる本」「頭がいい人と言われる文章の書き方」「いつのまにかお金がたまる人の習慣術 人生を楽しみながら、お金持ちになりたい人」「いい企画を出せる人の習慣術 これを実践すれば、あなたの企画力は大きく伸びる!」「頭がいい人と言われる技術」「さらに頭がいい人の習慣術 思考・発想・行動がガラリと変わる実践ドリル本」「金持ち賢者の習慣術 あなたのマネ-感覚が根底から変わる本」「そこが知りたい数の根拠 なぜ、婚約指輪は給料の3か月分なのか?」「頭がいい人の習慣術 この行動・思考パターンを知れば、あなたは変わる!」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



小泉十三の名言一覧


悪口を言う時の人間の顔というのは、

少なくとも美しくはない。




イマイチの人は問題の解決法を

頭の中だけで巡らせるが


頭のいい人は、

すべての問題点や答えを書きだして、

整理しながら考える。




やる気を起こさせるには、

「やり始める」のがいちばん。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:星一郎
子育て論で定評のある心理カウンセラー・教育家・作家
前の名言:ジェームズ・アレン
全世界で読み継がれる自己啓発書のバイブルを書いた人物

sponsored link