sponsored link


古島一雄の名言

古島 一雄(こじま かずお)」(1865〜1952)

明治〜昭和にかけて活躍した日本のジャーナリスト衆議院議員&貴族院議員。

日本新聞の記者となり、日清戦争では、同僚であった正岡子規と従軍し戦況を報道。

明治44年(1911年)に衆議院補欠選挙に立候補し当選。

立憲国民党、革新倶楽部を経て、立憲政友会に所属。

一貫して犬養毅の側近として行動を共にし、

また、頭山満と結んで孫文を援助し、辛亥革命を陰から助けた。

第2次護憲運動では、犬養を補佐し、政友会、憲政会との護憲三派連合の成立に尽力した。

創価教育学会(創価学会の前身)の設立にも積極的な役割を果たしたことでも知られている。

(出典:ウィキペディア)

著書&関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



他人の中傷に対して、どこまで弁解せずにおられるか、

これを試してみるのも、人間修練の一方法である。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。