sponsored link




小久保 英一郎の名言と人物データ

小久保 英一郎(こくぼ えいいちろう)」(1968〜)

「小久保 英一郎」は、宮城県出身の天文学者

理論天文学の専門家であり、特に「惑星系形成論」の分野で有名な人物。

2007年4月より国立天文台の理論研究部准教授を務めている。

趣味は「スキューバダイビング」とのこと。


主な著書に「宇宙と生命の起源 ビッグバンから人類誕生まで」

「一億個の地球 星くずからの誕生」などがある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 小久保 英一郎の名言集


各地を旅したり海へ潜ったりするたびに、

地球ってつくづく美しいなあって思う。


と同時に、いったいどうやってこうなったのか、

不思議でたまらないし、知りたいわけです。

月や土星や木星への思いも同じ。

結局、不思議で美しいものに心惹かれるのかもしれない。


■ sponsored link

■ sponsored link


■ back number