sponsored link


近藤正臣の名言と人物データ

近藤 正臣(こんどう まさおみ)」(1942〜)

「近藤正臣」は、京都府出身の俳優

テレビドラマをはじめ、舞台や映画で活躍している人物であり、

出演した主なテレビドラマに『国盗り物語』 『黄金の日日』 『地の果てまで』『龍馬伝』など、

舞台では『仮名手本忠臣蔵』 『ラ・カージュ・オ・フォール』 『アゲイン』など、

映画では『懲役十八年』 『流れの譜』 『赤穂城断絶』などがある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

出演作品&関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→


■ 近藤正臣の名言集


プロになれるなんて思ってなかった。

ただそれは、生まれて初めて自分で選んだことだったんです。


人はいくつもの選択肢の中から何かを選ばなくてはいけない時があるけど、

僕は小中高と何も選ばず、卒業後の就職も母が決めた。

そこで初めて苦しまぎれでも自分が選んだのが「芝居をやりたい」ってこと。


本当にできるかどうかもわからなかったけど、

それからずっと辞めなかったのは、

初めて自分で選んだことに敬意を払おうと思っていたんでしょうね。




一生懸命やっていると、本人がそう感じるかは別として、

チャンスは何かしら来る。

でも、それは1回や2回のチャンスじゃダメなんです。




この世には、

見えないものがあるということを、

教えてもらった。




■ 地球の名言