sponsored link




工藤夕貴の名言と人物データ

工藤 夕貴(くどう ゆうき)」(1971〜)

「工藤夕貴」は、東京都出身の女優

父は歌手の「井沢 八郎(いざわ はちろう)」。

1983年に渋谷でスカウトされて芸能界デビューを果たし、

TBSの音楽番組「ザ・ヒットステージ」で小堺一機相手に、

アイドルをメッタ斬りする"毒舌小学生"として話題を呼び、

さらにハウス食品のインスタントラーメン「303」のCMで、

「お湯をかける少女」として人気を集めて子役として広く世間に知られるようになる。

1984年には映画「逆噴射家族」で女優デビューし、

同映画の挿入歌(1stシングル「野生時代」)で歌手デビュー。

さらに同年には文化放送の「ハッとミラクルアイドルナイター」で、

ラジオパーソナリティ デビュー(当時中学生)。


英語がほとんどできないレベルからハリウッド挑戦を決意し、

16歳からハリウッドへの挑戦を開始し、

1989年に「ミステリー・トレイン」(ジム・ジャームッシュ監督)でハリウッド女優デビュー。

その後、「ヒマラヤ杉に降る雪(監督:スコット・ヒックス)」や、

「ピクチャーブライド」(監督:カヨ・マタノ・ハッタ)などの海外映画作品に多数出演。

そして女優業の傍ら、農業に対しても熱意を傾けている事で知られる人物であり、

静岡県富士山麓に移住し農業を行い、自給自足の生活を実践。

また自宅の隣で「カフェ ナチュレ」というカフェも経営している。


主な出演映画作品に「座頭市 THE LAST(2010年)」「リミッツ・オブ・コントロール(2009年)」

「春よこい(2008年)」「L change the WorLd(2008年)」

「ラッシュアワー3(2007年)」「インプリント(2006年)」

「佐賀のがばいばあちゃん(2006年)」「SAYURI(2005年)」

「風の絨毯(2003年)」「戦争と青春(1991年)」

「青い山脈'88(1988年)」「台風クラブ(1985年)」など多数。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

工藤夕貴

出演作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 工藤夕貴の名言集


死にたいほどつらい現実があったとしても、

人間はそのつらさを忘却のかなたに追いやって、

小さな喜びを見つけて笑うし、楽しんで生きようとするもの。




アメリカへ渡り、何度もオーディションに落ちたり、

ひどい扱いを受けたりと厳しい世界に8年間身を置いたこと、

そこで自分なりに頑張ったことが強い自信になっているのは確か。


アイドル時代の私は、どこかまわりと一線を画すところがあった。

人に心を開かず、バリアをはっていた。

でも、それも木っ端みじんになくなりました。


どこまでいっても私は工藤夕貴という一人の人間なんだと。

だから、女優として生きるっていうことに、

固執しなくなったのかもしれないですね。




(農業の魅力を聞かれて)

「人間って、食べていければそれでいいんだなあ」っていう、

とってもシンプルな気持ちに立ち返らせてもらえる。

そんなところも農業の良さですね。




今、住んでいる静岡県の自宅。

「この家があるから今の自分がある」と思うほど、

この土地の力に支えられて生きている実感があります。


「一日を楽しむなら読書をしなさい。

一年を楽しむなら種をまきなさい。

一生を楽しむなら家を建てなさい」

と聞いたことがあるのですが、

その言葉の通りだなと感じています。




ハリウッドの喜びも、

畑にいる喜びも、

同じもの。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → ジリアン・マーフィー(世界5大バレエ団「ABT」で主席ダンサーを務めるバレリーナ)
  • 前の名言 → 森口瑤子(ドラマや映画、CMなどで活躍している女優)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link