sponsored link




草野満代の名言とプロフィール

草野 満代(くさの みつよ)」(1967〜)

「草野満代」は、岐阜県出身のフリーアナウンサー

津田塾大学の学芸学部数学科を卒業後の1989年にNHKに入社。

「NHKニュースおはよう日本」「NHKサンデースポーツ・サタデースポーツ」

「NHKモーニングワイド」などのキャスターとして活躍し、

1997年にフリーに転向。

同年に「筑紫哲也 NEWS23」のサブキャスターとなる。(2006年秋まで)

2009年には「日本司法支援センター」の理事に就任し、

道州制ビジョン懇談会や政府の多重債務者対策本部有識者会議などの、

メンバーも務めている。

主な著書に「ニュースキャスターの本音」などがある。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

書籍一覧(提供:楽天)を見る→


■ 草野満代の名言集


一番強烈だったのは、大学3年のとき、

初めて行った海外旅行のインド、ネパール。


インドで、ものすごくやせ細った少年が、

大人ふたりを乗せて、力車をこいでいる姿を見ました。

それが家族を支える、わずかな収入だったんですね。


今まで実感したことがなかったような、

生きるための執念を目の前につきつけられた。


さまざまな価値観で生きている人々が、

同じ時間に存在していることを知ることが、

自分にとっては大切なことだ、と思いましたね。




自分以外の生き方を、

若いときからたくさん見ておいたほうがいい。




日本を含め、世界は深い。

年齢を重ねても知らなかったことに驚いたり、

感銘したりすることがつきません。




旅番組を通じて、現地の人の生き方から、

「こんなにいろんな国で、いろんな人が、

いろんな価値観で生きているんだ」って見てほしい。


自分のありさまを、

確認する時間でもあってほしいと思います。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link