sponsored link


空海の名言

空海(くうかい)」(774〜835)

弘法大師(こうぼうだいし)の名で知られる平安時代初期の

日本天台宗の開祖最澄(伝教大師)とともに、

旧来のいわゆる奈良仏教から新しい平安仏教へと、

日本仏教が転換していく流れの劈頭に位置し、

中国から真言密教をもたらした人物。


また、能書家としても知られ、

嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられる。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



生まれ、生まれ、生まれ、生まれるが、

その生というものの始まりは、よくわからん。

死に、死に、死に、死んで、その死の終わりというのも、よくわからん。




もし自分に適していることにその能力を使うのなら、物事は極めてうまくゆく。

しかし、自分に向いていない物事に、その能力を使うのなら、

労多く、益は少ないだろう。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。