sponsored link


前島誠の名言2

前島 誠(まえじま まこと)」(1933〜)

聖書やキリスト教をヘブライの視点からとらえ直す研究で高い評価を得ている人物。

玉川大学の元教授、東京カトリック大司教区の元司祭

自己啓発や聖書などに関する著書も多く発表している。

(出典:「BOOK」データベース)

著書一覧(提供:楽天)を見る→

/2



生半可な理解で、

「よくわかる」と言ってはならない。




「人と同じであること」が、

"公平"とは限らない。




オレたちには、

大地を自由に歩く権利がある。




要は人と自分を比較しないことだ。

そうすればあなたも、なりふりかまわず自由になれる。

また余計な見栄を張らなくともすむ。

見栄のためにどれだけムリな出費をしているか、

このへんで考えてみるのもいい。




誰も罪の責任を、愛する者の中に見ることは出来ない。

誰も良い資質を、憎んでいる者の中に見ることは出来ない。




人間だれにでも欠点はある。

欠点のあることは欠点ではない。

ないほうが不思議だ。

欠点があって、人ははじめて人間と言えるのだ。


自分の欠点を認めるのにやぶさかであったり、

欠点がないかのようにふるまったりする時、

欠点ははじめて欠点となるのだ。




自分の子が勉強できないからといって、

心配するには及ばない。

できないのは怠けたからでも、頭が悪いからでもない。

たんに勉強が嫌いなだけなのだ。




生徒に重いくびきを課してはならない。

学びはやさしく面白い時のみ効果がある。




何か言いたくなっても、

一度はのみこめ!




人はなぜ苦しむのか、その問いに答えはない。

しかし、その苦しみをバネにすることはできる。



/2

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。