sponsored link


仮面のメイドガイの名言と作品データ

仮面のメイドガイ」(Kamen no Maid Guy)

「仮面のメイドガイ」は、『月刊ドラゴンエイジ』(富士見書房)において、

2004年12月号より連載が開始された「赤衣丸歩郎」による漫画作品。

著者である「赤衣丸歩郎」の商業誌デビュー作品。

2006年にラジオドラマ化、2008年にテレビアニメ化。


大財閥の財産相続権を持つがゆえに命を狙われる、

主人公の「富士原なえか」を守るために派遣された男のメイド「メイドガイ」ことコガラシが、

奉仕という名目の元に様々な騒動を巻き起こすギャグ漫画作品。

主人公の命を狙う刺客との戦いを交えつつも、

基本的には騒動の巻き起こる日常の風景を描いており、

各々のエピソードが1話ごとに完結する形式がとられているのが特長。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 仮面のメイドガイの名言集


前を見据え、歩を進めた者のみが手に出来る。

それが幸せ。

(by コガラシ




勇なき主人がゆく道を、

逃げて戻ろうとするならば、

そっと退路を断ってさしあげるのが、

メイドガイの思いやり。

(by コガラシ




無理じゃない!

やれ!

(by 和泉 英子平野 美和




道具の力が足りぬなら、

補ってあまりある腕を持て。

それが男の生きる道。

(by コガラシ




■ 地球の名言