sponsored link




萬田久子の名言と人物データ

萬田 久子(まんだ ひさこ)」(1958〜)

「萬田久子」は、大阪府出身の女優

帝塚山短期大学在学中にミス・ユニバース日本代表となり芸能活動を開始。

1980年にTVドラマ「なっちゃんの写真館」で女優デビュー。

時代劇をはじめ、着物を着た日本女性としての役で有名であり、

女性雑誌等のモデルとしても活躍している人物。


主な出演ドラマに「さよなら、アルマ(2010年) 」「新・ミナミの帝王(2010年)」

「女帝 薫子(2010年)」「浪花の華 緒方洪庵事件帳(2009年)」

「天地人(2009年)」「課長島耕作 (2008年)」「花ざかりの君たちへ(2008年)」

「その男、副署長(2007年)」「お江戸吉原事件帖(2007年) 」

「忠臣蔵 瑤泉院の陰謀(2007年)」「遠山の金さん(2007年)」

「赤い奇跡(2006年)」「危険なアネキ(2005年)」「大奥 華の乱(2005年)」

「義経(2005年)」「忠臣蔵(2004年)」「コスメの魔法(2004年)」などがある。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

萬田久子

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 萬田久子の名言集


(女優は)風邪はひけないし、食あたりもできない。

肌の調子も常に良くしておかなければならない。

まわりに絶対迷惑をかけてはいけないと思っているので、

明日仕事があると思うと、どんなに心が痛く、

つらいことがあっても良質の睡眠をとり、

食欲がなくてもちゃんと食べるようにしています。


で、現場に入ると、他のことは一切忘れて集中します。

でもそういう大変さ、ストイックさすべてひっくるめて、

女優の在り方、生き方が好きなんだと思います。




母が生前、私が「風邪をひくなんてプロ失格」

とか頑張りすぎると必ず、

「人間なんやから風邪ひくのは当たり前やないか」

と言ってくれたりしたんです。


女優であろうとするがゆえ、

ふつうの人とはちょっと違うベクトルで、

自分を無理にコントロールしようとする私を

ニュートラルな感覚に戻してくれたのが母でした。


女優とはいえ、まずは一人の人間であることも

忘れちゃいけないんですよね、本当は。




人生はオセロ。

赤ちゃんの時は白。


その後、黒ばかりが多くなっても、

最後には、多くが

白にひっくり返ることもある。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link