sponsored link


正宗白鳥の名言

正宗 白鳥(まさむね はくちょう)」(1879〜1962)

明治〜昭和期に活躍した小説家劇作家、文学評論家

読売新聞社で文芸・美術・演劇を担当。

明治37年(1904年)に処女作品となる『寂寞』を発表し文壇デビュー。

代表作は、明治41年(1908年)に発表した日露戦争後の青年像を描いた『何処へ』。

鋭い観察眼と批評で定評を得ていた人物。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



僅かな寿命だけれど、

人間は何かで誤魔化されなくちゃ、

日が送れないんですね。


(※「何処へ」より)




私も青春のことを懐かしみ、若い人を羨むことがあるが、

しかし、もう一度若くなって世の中を渡ってこなければならぬと思うと、

何よりも先に煩わしい思いがする。




人生は歩いている影たるに過ぎん。

只一時、舞台の上で、ぎっくりばったりをやって、

やがて最早噂もされなくなるみじめな俳優のようなものだ。




人は生まれ、苦しんで死ぬ。

人生の要点はそれでつきている。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。