sponsored link


正岡子規の名言

正岡 子規(まさおか しき)」(1867〜1902)

明治時代を代表する文学者の一人として知られる俳人歌人

俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など多方面に渡り創作活動を行い、

日本の近代文学に多大な影響を及ぼした人物。

子規の理論には文学を豊かに育ててゆく方向へは、

向かいにくい部分もあるという批判もあるが、

「写生」は明治という近代主義とも重なった主張であり、

いまでも否定できない俳句観となっている。

また、日本語散文の成立における、子規の果たした役割がおおきいことは、

司馬遼太郎(『歴史の世界から』)によって語られている。

(出典:ウィキペディア)

著書&関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



悟りといふ事は如何なる場合にも、

平気で死ぬる事かと思って居たのは間違いで、

悟りといふ事は如何なる場合にも、

平気で生きて居る事であった。




あせっちゃ、

ならんぞな。




死ぬまで、

ひっこむわけにはゆかない




たとえ、漢語で詩をつくるとも、西洋語で詩をつくるとも、

はたまたサンスクリット語でつくるとも、

日本人が作った以上は、

日本の文学であることに間違いない。




良句もできるが、駄句もできる。

しかし、できた駄句は捨てずに書きとめておかねばならない。

自分のつくった句を粗末にして書きとめておかぬひとは、

とてものこと、一流の作者にはなれない。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。