「松原 惇子」

(まつばら じゅんこ / 1947年4月22日 - )

松原惇子
著書一覧

<松原惇子のプロフィール>
「松原惇子」は、埼玉県出身の女性エッセイスト評論家。38歳の時に、自身の経験からシングル女性の気持ちを書いた『女が家を買うとき』で執筆活動に入り、雑誌「クロワッサン」が提唱した独身の流行に踊らされて後悔した女たちを論じた「クロワッサン症候群」がベストセラーを記録。その後も、シングル女性の生き方を問う本を多数発表している他、シングル女性の今と老後を応援する団体であるNPO法人「SSSネットワーク」を立ち上げ、こちらの活動にも力を注いでいる。

主な著書に「クロワッサン症候群」「50代にできること、しておきたいこと」「30代に知っておきたいこと」「ひとりでも安心して暮らす方法 最期まで思いっきり人生を楽しむコツ」「おひとり死 誰にも迷惑をかけない最期を迎えるために」「母から娘へ伝える昭和のレシピ」「背中をポンと押してくれる言葉」「ひとり暮らし安心手帖 書き込み式」「50歳からのいい人生の生き方」「年収200万円のハッピー生活術」「必ず結婚できる「婚活マップ」」「20代にできることしておきたいこと」「30代にしたいこと、30代だからできること」「「ひとりの老後」はこわくない」「悩んだほうが人生はうまくいく 松原惇子の生きかた塾」「私を探す旅 イサドラ・ダンカンを追って」「素敵なおばあさんになりたい 老いは心のもち方しだい」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



松原惇子の名言一覧


「ああしてれば、よかった」

と悔やみながら生きる人生は醜いと

つくづく思う。


なぜなら、それは

現在の自分を

否定していることになるからだ。




夢を持ち、

それに向かって生きることこそ、

絶対に後悔しない生き方だと


わたしは断言することができる。




あきらめるのは、

死んでからでも遅くないわ。




あなたは、もう人生の勝負が

ついてしまったように

思っているかもしれないが、


あなたの人生は、

オリンピックで言えば、まだ一回戦。


人生の勝負は

40歳からですよ。




自分を偽って生きるには、

人生は長すぎますよ。


火山が爆発する前に

もっと自分を自由にしてあげましょうよ。


小さな地震と爆発を

起こしながら毎日を送るのよ。




なぜ、自分の夢に対して

遠慮するのですか。


どんな夢を描こうが自由、制限はない。

たった一度の人生を

今のままで終わるつもり?




夢は

「生きる目的」です。




はっきり言おう。

あなたはずるいのです。

人生に対して怠け者なのです。


まだ、人生の「じ」の字も知らないくせに

「人生なんて、こんなもの」

と大人ぶって決めつけないでください。




若いうちから

常識にふりまわされているようでは、

未来はないですよ。




「不安」の裏にあるものは、

つまるところ「欲」。




今どういう状態であるかは、

あなたのゴールに何の関係もない。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ジャック・ウェルチ
「伝説の経営者」や「20世紀最高の経営者」と称された実業家
前の名言:江川 達也(えがわ たつや)
「まじかる☆タルるートくん」の作者。漫画家&タレント

sponsored link