「松本 清張」

(まつもと せいちょう / 1909年12月21日 - 1992年8月4日 )

松本清張
著書一覧

<松本清張のプロフィール>
「松本清張」は、現代小説や推理小説から歴史・時代小説など広い領域にまたがる創作活動を続けたことで知られる小説家。出生地は出生届では福岡県企救郡板櫃村(後の北九州市小倉北区)となっているが、清張自身が「本当は広島なの」と語っていた事から、清張関連文献に於いては「広島生まれ」と記述するものも増えてきている。1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降は歴史小説や現代小説の短編を中心に執筆。1958年に『点と線』や『眼の壁』を発表し、推理小説でも人気を博す。また『古代史疑』などで日本古代史についての作品も発表している他、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクション、近代史・現代史に取り組んだ諸作品も著し、森鴎外や菊池寛等の評伝も発表するなど、幅広いジャンルにおいて創作活動を行った人物。主な代表作に「或る『小倉日記』伝」「砂の器」「黒革の手帖」「ゼロの焦点」「点と線」「霧の旗」「蒼い描点」「黄色い風土」「影の地帯」「西郷札」「空の城」「中央流沙」「波の塔」「眼の壁」「半生の記」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



松本清張の名言一覧


作家になるには、

24時間、机の前に座っていられる

性格であればいい。




人間には、先入観が

気づかぬうちに働きまして、


そんなことはわかりきったことだと

素通りすることがあります。


これが怖いのです。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ジェームズ・ガーフィールド
第20代アメリカ合衆国大統領を務めた政治家
前の名言:エッカーマン(エッケルマン)
ゲーテの晩年の秘書として知られるドイツの詩人・作家

sponsored link