sponsored link




松井須磨子の名言と人物データ

松井 須磨子(まつい すまこ)」(1886〜1919)

「松井須磨子」は、長野県出身の新劇女優。本名は「小林正子(こばやしまさこ)」。

1909年に「文芸協会演劇研究所」の第1期生となり、

1913年には、「島村 抱月(しまむら ほうげつ)」と共に「芸術座」を旗揚げ。

演劇「復活」(原作/トルストイ)のカチューシャ役で大きな評価を獲得し、

人気女優として知られるようになる。また彼女が歌った同劇の主題歌「カチューシャの唄」は、

当時2万枚以上を売り上げる大ヒットレコードとなり、

このことから日本初の「歌う女優」と呼ばれるようになった人物。

また、1917年に発売したレコード「今度生まれたら」(作詞/北原白秋)の、

歌詞のある「かわい女子(おなご)と寝て暮らそ」の部分が、

文部省で問題となり、日本における発売禁止レコード第1号となってしまっている。


松井須磨子を描いた主な作品に「ララ、歌は流れる 中山晋平物語(2007年/映画)」

「殉愛(1988年/テレビドラマ)」「華の乱(1988年/映画)」「春の波濤(1985年/大河ドラマ)」

「女優(1947年/映画)」「女優須磨子の恋(1947年/映画)」

「恋の津満子(1919年/映画)」などがある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

松井須磨子

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 松井須磨子の名言集


私はただ私として、

生きて行きたいと思うのです。




私だけを信じて、

自分の行く道を行ける所まで、

行って見ようと思います。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 茂木健一郎(脳と心の関係についての研究を行っている脳科学者)
  • 前の名言 → 吉田栄作(歌手としても活躍している俳優)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link