sponsored link


松雪泰子の名言と人物データ

松雪 泰子(まつゆき やすこ)」(1972〜)

「松雪泰子」は、佐賀県出身の女優

高校在学中の1989年に雑誌「MEN'S NON-NO」のオーディションに応募し、

「第1回メンズノンノ・ガールフレンド」に選出。

1991年にテレビドラマ「熱血!新入社員宣言」で女優デビュー。

1993年の主演テレビドラマ「白鳥麗子でございます!」での強烈なキャラクターが、

自身のハマリ役となり、以後女優としての地位を確立。


その他の代表的な出演作品に「救命病棟24時」(TVドラマ)、「Mother」(TVドラマ)、

「子ぎつねヘレン」(映画)、「フラガール」(映画)、「子宮の記憶」(映画)などがある。

(出典:ウィキペディア)

出演作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 松雪泰子の名言集


何もなくても幸せというのが、

一番いいなと思います。


朝、目が目覚めて、

ああ今日も生きていてありがたいな、

幸せだなと感じられると、

自分は大丈夫だなって思える。




慣れないことを続けるのは、最初は大変。

でも、やっぱり、

ただ無意識に生きていくことはいけないと思います。


「自分のここを直したい」「こういうことができる女性になりたい」というふうに、

求める変化に対して、あきらめないで、努力をし続けなければ。


そうして"3年後"。

人は確実に変われると思います。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。