sponsored link


米良美一の名言と人物データ

米良 美一(めら よしかず)」(1971〜)

「米良美一」は、カウンターテナーとして世界的に評価されている、

宮崎県出身の男性シンガー

骨折を繰り返す「先天性骨形成不全症」を患っていたため、

幼少期より床に臥す日も多く、その時に看護師さんの勧めで聴いた、

「松田聖子」の大ファンになり、裏声でそのマネをしたことが、

カウンターテナーの原点となったとのこと。


1996年に発表したCDアルバム『母の唄』がベストセラーを記録。

翌年の1997年には宮崎駿が監督するアニメーション映画『もののけ姫』の、

テーマ曲に起用され、映画のヒットとともに広く世間に知られるシンガーとなった。

2007年には、これまで語ることのなかった病や生い立ちを、

テレビなどのマス・メディアで語るようになり、

自叙伝『天使の声 生きながら生まれ変わる』を出版。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

作品&著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 米良美一の名言集


問題は自分の人生を受け入れず全部背を向けて、

人のせいにしていること。

親のせい、神様のせい、世間のせい、

そのうらみを払拭しない限り、人生は始まらない。

(※東洋医学の先生に言われた言葉)




■ 地球の名言