sponsored link




ミッキー・カーチスの名言と人物データ

ミッキー・カーチス(Mickey Curtis)」(1938〜)

「ミッキー・カーチス」は、東京都出身のロック歌手俳優

「平尾昌晃」「山下敬二郎」と共に「ロカビリー3人男」として人気を誇った人物であり、

歌手活動の他にも俳優として多くの映画やドラマ作品に出演。

射撃、モータースポーツ、オートバイ、宇宙研究、彫金、養蜂など、

多彩な趣味を持つことでも知られている。


主な出演映画作品に「真幸くあらば(2010年)」「パンドラの匣 (2009年)」

「純喫茶磯辺(2008年)」「映画 クロサギ(2008年)」

「SS エスエス(2008年) 」「13の月(2006年)」

「カスタムメイド 10.30 (2005年)」「オーバードライブ(2004年)」

「IZO(2004年)」「死に花(2004年)」「ぷりてぃ・ウーマン(2003年)」

「ハート・オブ・ザ・シー(2003年)」などが多数。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ ミッキー・カーチスの名言集


やったもん勝ちっていう感覚がずっと心にある。

おそらくすごい時代を通り過ぎてきたからだと思う。

なんせ、国家総動員法が公布された年にハーフで生まれているんだから。


戦時中、上海の国民学校へ行っていたんだけれど、

顔が非国民だって言われたりね。


とにかくつらいこと、悔しいことを、

幼い頃にたくさん経験してきているからこそ、

世間がどう言おうと関係ない、何でもやってやろう、

っていう思いは人一倍強いのかもしれないね。




人のことなんて気にせず、

無理やりでもいいからやりたいことをやればいいんだよ。


みんなやらないから「できない」って思うだけ。

俺なんて、「70歳の着る服じゃない」とか言われても、

「うるせえ、俺の勝手だ、バカ野郎」って言うだけ。

誰が何を言おうと俺は俺、平気。

ロックンローラーだしね。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 原田芳雄(俳優・ナレーター・ミュージシャン)
  • 前の名言 → デーブ大久保(元プロ野球選手・タレント・野球解説者)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link