「南方 熊楠」

(みなかた くまぐす / 1867年5月18日 - 1941年12月29日)

南方熊楠
書籍一覧

<南方熊楠のプロフィール>
「南方熊楠」は、紀伊国・和歌山県出身の博物学者生物学者(主に菌類学)、民俗学者。熊楠は博物学(特に植物学)を基礎としているが、関連性のある全ての学問を知ろうとする学風であったため、その知識の豊富さから「歩く百科事典」とまで称された人物。1892年にイギリスにわたり、大英博物館東洋調査部に入り、人類学・考古学・宗教学などを独学した他、世界各地で発見・採集した地衣・菌類などの記事を科学雑誌『ネイチャー』などに寄稿。帰国後は日本の民俗等を世界の事例と比較して論じ、当時としては早い段階での比較人類文化学を展開。また新しい種70種の菌を発見するなど菌類の研究でも成果を出し、民俗学の分野でも『人類雑誌』『郷土研究』『太陽』『日本及日本人』など多くの雑誌に論文を発表。主な著書(生前刊行本)に「南方二書(1911年)」「南方閑話(1926年)」「南方随筆(1926年)」「続南方随筆(1926年)」がある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



南方熊楠の名言一覧


世界に、

不要のものなし。




肩書きがなくては

己れが何なのかもわからんような

阿呆共の仲間になることはない。




宇宙万有は無尽なり。

ただし人すでに心あり。


心ある以上は

心の能うだけの楽しみを宇宙より取る。


宇宙の幾分を化して

おのれの心の楽しみとす。


これを智と称することかと思う。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ベン・ジョンソン
イギリスの劇作家&詩人
前の名言:メルボルン子爵 ウィリアム・ラム
イギリスの首相を務めたホイッグ党の政治家

sponsored link