「光石 研(みついし けん)」(1961-)


書籍一覧

「光石研」は、福岡県出身の俳優。淡々とした物言いと独特の笑顔で知られ、幅広い役柄をこなす名脇役として活躍する人物。16才の時に映画「博多っ子純情」のエキストラ・オーディションで主役に抜擢され、同映画で俳優デビュー。 主な出演映画作品に「あぜ道のダンディ」「毎日かあさん」「岳-ガク-」「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」「nude」「マザーウォーター」「悪人」「十三人の刺客」「ヒーローショー」「カケラ」「ウルルの森の物語」「信さん・炭坑町のセレナーデ」「おっぱいバレー」「なくもんか」 「感染列島」「フライング☆ラビッツ」「コドモのコドモ」「TOKYO!」「20世紀少年 映画シリーズ」「奈緒子」「DIVE!! ダイブ」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」「ボーイ・ミーツ・プサン」「シュガー&スパイス 風味絶佳」「それでもボクはやってない」「LIMIT OF LOVE 海猿」「陽気なギャングが地球を回す」「レディ・ジョーカー」「亡国のイージス」「エコエコアザラク」「ロスト・メモリーズ」「シン・レッド・ライン」「五条霊戦記 GOJOE」「セーラー服と機関銃」「ピーター・グリーナウェイの枕草子」「男はつらいよシリーズ」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+どらく)



光石研の名言一覧


飲んで酔い潰れたっていいし、

おやじギャグを連発したっていい。


とにかくまじめに、

懸命に生きている人こそ、

ダンディーだと思います。




お陰さまで最近はどこの現場へ行っても、

たいてい顔見知りの方がいるので心強いですね。


何も言わなくても、

僕のサイズに合った靴が、

用意されていたりすると本当にうれしい。


監督や共演者だけでなく、

裏で支えてくれているスタッフなど、

多くの人との出会いは、

僕にとって大切な宝です。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:柳井正
ファーストリテイリングの代表取締役会長&社長
前の名言:小林虎三郎
「米百俵」の逸話で有名な長岡藩士

sponsored link