sponsored link




宮島秀司の名言とプロフィール

宮島 秀司(みやじま ひでし)」(1954〜)

「宮島秀司」は、東京都出身の映画プロデューサー

慶応義塾大学を卒業後に、国内大手の映画会社「松竹」に入社。

映画プロデューサーとして活躍した後、独立。

フリーとなってからも、「ほんとにあった怖い話」や「世にも奇妙な物語」など、

多くのヒット番組や映画を手掛け、高い評価を獲得。


映画プロデューサーの他にも、キャスターやコメンテーター、

映画解説者としても活躍しており、

文化女子大学大学院の客員教授も務めている人物。


手掛けた主な作品に、

<映画>「CASSHERN」「珈琲時光」「阿修羅城の瞳」「壬生義士伝」

「春の日は過ぎ行く」「カタクリ家の幸福」「ピストルオペラ」「連弾」「顔」

「アナザヘヴン」「ゲレンデがとけるほど恋したい。」「バカヤロー!私怒っています」

「タスマニア物語」「木村家の人びと」「新・同棲時代」「十手舞」「薄化粧」

「魚影の群れ」「天城越え」「魔性の夏〜四谷怪談より」など。


<テレビ>「La Cuisine」「ユーミン・ドラマブックス、ルージュの伝言」

「ギミア・ぶれいく」「本当にあった怖い話」「世にも奇妙な物語」など。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス)


■ 宮島秀司の名言集


つらい世の中じゃないですか。

せめて映画館に足を運んでいただいた2時間ぐらいは、

いい夢に酔ってほしい。


僕は作るテーマとしては、

ささやかでもいいから感動を与えたいんです。


感動って、泣くのも感動だし、

ゲラゲラ笑うのも感動につながるし、

いろんな感動の種類はあると思うんですけど、


やっぱり自分が作った映画を見て、

少しでもいいから感動してもらって、

あとは次の日が、ちょっぴりだけども、

元気になって生きていってほしいなって思うんですよ。


それが少しでもたくさんの人に与えられたら、

本望です。


sponsored link


■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 石田衣良(池袋ウエストゲートパークの著者として知られる小説家)
  • 前の名言 → 加山雄三(俳優&ミュージシャンとして一時代を築いた人物)

■ sponsored link