sponsored link




三宅裕司の名言と人物データ

三宅 裕司」(みやけ ゆうじ)

「三宅裕司」は、東京都出身のコメディアン俳優タレント司会者

1979年に小倉久寛らと劇団「スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」を設立。

「ミュージカル・アクション・コメディ」をコンセプトにした同劇団の座長として、

一貫して東京の笑いを追及し続ける活動を行っており、

チケットが即完売するほどの人気劇団にまで成長。

同劇団出身の主な人物に岸谷五朗、寺脇康文、水木薫などいる。


また劇団以外の活動として32歳(1984年)の時にニッポン放送のラジオ番組、

『三宅裕司のヤングパラダイス』の パーソナリティを務め、広く世間に知られるようになり、

『テレビ探偵団』や『三宅裕司のいかすバンド天国』をきっかけに、

明朗快活な雰囲気に加え、キレの良い会話と相手の話に対する反応の良さ、

切り返しの巧さで、以後数々のバラエティ番組の司会を務めるようになる。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

出演作品&関連書籍一覧を見る→

■ 三宅裕司の名言集


いずれにしても、

プラスで考えていかないと、

物事はいい方向に進んでいかないし、

いい結果は出ない。




準備しないとダメです。

その場の雰囲気で何とかなるだろうと思ったら、

たいてい失敗します。




文章にできないギャグは、

使えないんです。

表情のおもしろさに、

頼ってしまうギャグはダメなんです。

■ sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link