sponsored link


森田芳光の名言と人物データ

森田 芳光(もりた よしみつ)」(1950〜)

「森田芳光」は、東京都出身の映画監督脚本家

1981年に『の・ようなもの』で長編映画監督デビュー。

1983年に松田優作主演の『家族ゲーム』を発表し、

これが出世作となり、新世代の鬼才として広く注目を集める。

1984年に薬師丸ひろ子主演の『メイン・テーマ』が大ヒットを記録。

1997年に役所広司&黒木瞳主演『失楽園』を発表。

観客動員数が200万人を超える大ヒットとなり、

「失楽園」という言葉はこの年の流行語ともなった。

シリアスなドラマから喜劇、ブラックコメディー、アイドル映画、恋愛映画、ホラー映画、

ミステリ映画と幅広いテーマを意欲的に取り扱い、話題作を数多く発表している。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



何より大事なことは、ひたむきな向上心を持っているかどうか。

そういう人は進化する可能性がある。

「仕事だから」「お金を稼ぐため」では進化しない。

逆に向上心さえあれば、下手でも進化していく。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。