「ムーミン」(Mumin)


作品一覧

「ムーミン」は、フィンランドの作家「トーベ・ヤンソン(Tove Jansson / 1914-2001)」による小説漫画シリーズ。 フィンランドのどこかにあるとされる妖精たちの住む谷「ムーミン谷」を舞台とした作品であり、子供向けの作品ではあるものの哲学的・詩的な発言をする場面も多く、子供として描かれているムーミントロールには理解できないという描写もしばしば見受けられる。 1945年に1作目となる小説「小さなトロールと大きな洪水」が発表され、1970年にまでに計9作の小説が発表されている他、 1953年からヤンソン自身の作画によって漫画シリーズも発表されており、1975年まで作品が発表されている(途中から作画は弟のラルス・ヤンソンが担当)。 その他、アニメや絵本にもなっており、世界的に著名なキャラクターとして認知されている。 また、フィンランドの西スオミ州トゥルク近くのナーンタリには、テーマパーク「ムーミンワールド」が建てられており、 ムーミンの家、ヘムレンの黄色い家、消防署、スナフキンのキャンプ、ムーミンパパのボート、魔女の迷宮、ニョロニョロの洞窟、モランの家、ムーミン劇場などを楽しみことができる。 ただし、開園している期間が6月半ばから8月半ばと毎年約2カ月間となっている。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



ムーミンの名言一覧


大切なのは、

自分のしたいことを、

自分で知ってることだよ。

(by スナフキン)




なんでも自分のものにして、

持って帰ろうとすると、

むずかしいものなんだよ。

ぼくは、見るだけにしているんだ。


そして立ち去る時は、

それを頭の中へしまっておくのさ。


ぼくはそれで、かばんをもち歩くよりも、

ずっとたのしいね。

(by スナフキン)




大切なのは、

誰かを好きになることですよ…。

(by ムーミンママ)




その内なんてアテにならないな、

今がその時さ。

(by スナフキン)




だれかを崇拝しすぎると、

ほんとうの自由は、得られないんだよ。

(by スナフキン)




ひとつひとつのものの、

ぴったりの場所がわかるひとなんて、

めったにいるもんじゃない。


すべてのものを、自分で全部、

整理整頓できる人なんて、

ほんとうにひとにぎりしかいないんだ。

(by ヘムレン)




きっと嵐って、

朝日がその後にのぼってくるためだけに、

あるんじゃないかなあ。

(by ムーミンパパ)




パンケーキにジャムをのせて食べるひとが、

そんなに危険人物であるわけがありません。

(by ムーミンママ)




大きな旅立ちというものは、

書物の、第一行目の文章のように、

重要なものなのだよ。


その一行が、この一瞬が、

すべてを決定づけるんだ。

(by ムーミンパパ)




わたし、しないではいられなかったんですもの。

あなただって、わたしとおなじように、

したくてたまらないことをすればいいんだわ。

(by フィリフヨンカ)




たまには、怒んなきゃあね。

どんなちっちゃな生きものにだって、

怒る権利はあるんだから。


だけど、ムーミンパパの怒りかたって、

よくないわね。

ちっともはきださないで、

みんな、しまいこんじゃうんだもの。

(by ミイ)




もしいまぼくがひきかえしたら、

もう二度とここへこようという、

勇気はおこらないだろう。


ぼくは一生のあいだしげみの外をめぐりながら、

中にはいる勇気がなかったんだと、

自分にいいきかせることになるだろう。

(by ムーミン)




いつも優しく愛想良く、

なんて、やってられないよ。

理由はかんたん、時間がないんだ。

(by スナフキン)




堕落の人生なんて、

楽しくさえないに、きまっています。

(by ムーミンママ)




さあ、あしたもまた長い、いい日でしょうよ。

しかも、はじめからおわりまでおまえのものなのよ。

とてもたのしいことじゃない!

(by ムーミンママ)



sponsored link


バックナンバー(アニメ編)

次の名言:日常
「あらゐけいいち」によるギャグ漫画作品
前の名言:プラネテス
宇宙開発による宇宙のゴミ問題を題材にした漫画作品

sponsored link